公務員試験面接セミナー 〒600-8152 京都市下京区筒金町56 正面ビル303

電話

​携帯

Eメール

コレで満身創痍で悩み苦しむ受験生を、面接落ちの底なし沼から引きずり上げている。

公務員試験面接セミナーの指導方針はコレだ!

1.君を面接地獄から救い出す

当セミナーは、面接地獄でもがき苦しむ受験生を救うため、私、松田佳久が平成18年に設立しました。

最初の受講生は福祉業界から京都市役所経験者枠への転職希望者で、無事合格されました。

それから現在まで、わかっているだけで269名の受験生を合格へと導いてきました。

その多くは、面接落ち経験者や、経歴にマイナス要因ありの方で、優秀な受験生はわずか数名。

さぁ、次は君の番です。「筆記合格を無駄にするな!面接落ちの底なし沼から引きずり上げてやる!」

今日も、熱い思いと決意を胸に個別指導を行なっています。

2.面接落ちの原因はマニュアル本と公務員スクール

面接落ちの受験生は「対策不足だった、失敗した」と自虐的な人がほとんど。

その考えは間違いです。面接落ちの原因は、受験生本人ではなく、マニュアル本や公務員スクールです。

まず、マニュアル本について。本のとおりに面接カードを作成し、質疑応答した結果が不合格。

つまり、本の内容はデタラメだったわけです。

次に、公務員スクール。そこの講師の指導に従って面接対策したのに、結果は不合格。

つまり、その講師には、君を合格させる能力が無かったわけです。

3.自己分析などアホらしい。やる必要なし。やめなはれ。

自己分析などいりまへん。時間の無駄。

個別指導で自己分析の指導などしたことありません。でも、ちゃんとみんな合格してますよ。

残念ながら、全てのマニュアル本と全ての公務員スクールで、自己分析が勧められているのが現実。

みんな騙されています。こんな大昔から行われている画一的な定型指導など時間と労力の無駄。

そもそも、自己分析とは非常に難しい作業で、完成させるなどほぼ不可能。

その難しい作業を、面接が苦手な受験生、忙しくて時間が無い受験生にやれと勧めるなど本末転倒。

​時間切れで自己分析が終わらず、マニュアル本の模範解答のコピペ大量発生という最悪の結末を招きます。

4.志望先研究など無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァーッ!

志望先研究こそ面接不合格の元凶。私は過去、志望先研究を勧めたことなど一度もありません。

志望先研究すると、役所のホームページや受検案内の記述をコピペした面接カードが大量発生。

説明会の情報の焼き直しだらけで、どいつもこいつも似た内容、似た雰囲気の金太郎飴状態。

面接は自分自身を伝える場なんやで!志望先官庁の情報を伝える場とはちゃいまっせ!

マニュアル本や公務員スクールは「志望先研究は絶対必要だ!」の大合唱。わけわからん。あほみたい。

​当セミナーの受講生の皆さんは、志望先研究などやらなくても、ちゃんと合格しています。

5.さらけ出せ!具体的!差別化!

自分の汚点をさらけ出し、トコトン具体的にして差別化を図れば、面接は楽勝で合格です。

面接落ちの人は、素の自分、スッピンを隠し、自分を良く見せようと厚化粧しまくり。

面接官のパンチが恐くて、ガードを固め、自分の扉を閉じてます。本当の自分を一切表に出しません。

また、面接カードや質疑応答に具体性が全然ありません。机上の空論、頭の中がお花畑状態。

抽象的で曖昧、論理性が欠落した感情論に終始。夢見る少女の妄想を納得してくれる面接官など皆無。

そして、志望動機や自己PRが個性ゼロ、平凡、ありきたり、安全パイ、似たり寄ったりでしょうもない内容。

他の受験生と同じだと、面接官に選んでもらえませんよ。同じなんだから、わざわざ君を選ぶ必要無いよね。

その他大勢の中に埋没して、面接官の記憶に残りません。爪痕1つ残せません。

​赤信号みんなで渡れば‥じゃダメなんです。キラリと光る出る杭にならなければなりません。

マニュアル本を読んで面接落ちした皆さん、公務員スクールを受講して面接落ちした皆さん!大丈夫です。ご安心下さい。個別指導なら合格できます。個別指導は最強です。受験生とトコトン向き合って面接カードを作り上げ、質疑応答を繰返します。これに勝る面接対策は存在しません。公務員試験合格の夢をあきらめる必要なし。私に任せて下さい。     公務員試験面接セミナー 松田佳久

個別指導で合格できる。

来年は公務員として働ける。